Menu

Fujitsu Presentation Night Out!!

2019年7月1日 - Book, Presentation
Fujitsu Presentation Night Out!!

6月26日に、富士通株式会社さまの汐留本社にて行われた社内横断交流イベント “Presentation Night Out” において登壇の機会をいただきました。

こちらは富士通さまの社内外の知の共有・ロールモデル形成・横断的交流を目的とした有志によるイベントで、エバンジェリストの及川さんとコミュニケーションデザイナーの藤倉さんという尊敬するお二人にお声をかけていただき、MOVED代表の渋谷さんと共にステージに立たせていただきました。僕の中では及川さんと藤倉さんのプレゼンを生で見れる―という完全に参加者目線で喜んでいたイベントです。

今回、このイベント用に新作プレゼンを制作。「プレゼンテーションの可能性を三次元で考える」と題して、3Dを使ったこれからのプレゼンテーションの可能性を自己紹介も兼ねてお話しさせていただきました。イベント全体のMOVEDでのレポート記事はこちらです。

■ まだまだ知られていないパワポで3D

このブログでは、僕が発表させていただいたプレゼンについて少し詳し目に書いておこうと思います。このイベントでお話させていただいたプレゼンを動画にしたものがこちら。

制作はPowerPointです。まだ世界的にもPowerPointでの3D活用は広まっていないので、今回紹介してみました。こんなふうにPowerPoint上で3Dデータがぐりぐり動くということは意外としられていません。PCのスペックがある程度必要ですが、それでもパワポ上で3Dデータがかなりスムーズに動きます。

ここで使っているこの都市のキューブの3Dの製作はTinkerCadを使っています。無料のツールで、僕は3D初心者の僕でもこういうのが作れたくらいなので使い方も簡単だしおすすめのツールです。[エクスポート]で .obj 形式を選択することで、PowerPointでも読み込める形式でデータをダウンロードすることができます。このツールで作った3Dデータはパワポに入れてもエラーが起こりにくく、質感も美しく表示されるので相性がいいです。 

パワポ上にいれた3Dデータは、画面遷移の[変形]を使って動かしています。

■ データダウンロードフリーです

そして本題なのですが、このデータは3Dも含めてプレゼンのテンプレートとして自由に再利用していただけます。


Presentation3D_20190626_movie.pptx
こちらからダウンロードできますので、ご自由にどうぞ。

 

※注意点
・ ご自身のプレゼンテーションにコピペして使っていただいたりするのは商用・個人利用共にOKです。
・ 用途はプレゼンテーションに限ります。グラフィックをWebサイトなどに転用したい場合はご連絡ください。
・ データをテンプレートとして再配布したり、販売したり、は禁止です。

プレゼンテーションのデータというとまだまだ「資料」と言ったりすることが多いですが、プレゼンテーションアプリの進化は「資料」以上のものを提供できるレベルになって久しいです。プレゼン屋としては、これからもプレゼンのいろいろな可能性を広げていきたいなと思っています。